研究開発

Reserch and development

充実した研究設備で、
ファインケミカル技術強化に取り組む。

塗料の役割はさまざまな物体を「保護」し「美装」することです。
更に近年は特殊な機能を持った塗料が脚光を浴びています(例えば屋内温度を下げる遮熱塗料等)。
当社はそれらの機能をより高く、より確かなものにするために技術・製品の研究開発を行っています。

平成9年(1997年)竣工の技術センター(本社敷地内)では、充実した研究設備を駆使し、「一品日本一」を目指してそれぞれの機能を徹底的に掘り下げ、独自の製品開発に取り組んでいます。

とくに屋外で使用される頻度の高い当社の製品には、あらゆる環境条件に対応した耐久性が必要とされており、そうした要求を満たすファインケミカル技術の強化が大きなテーマとなっています。

kenkyu_01

新の技術で製品の無公害化、
環境保全型化に注力。

近年「人に、地球にやさしい」環境への改善がさけばれるようになりました。

当社はそんな時代の流れとめまぐるしく変化する時代の要請に応えるべく、永年培ってきたノウハウに最新の技術を導入し、広い分野において製品の無公害化、環境保全型化へのたゆみない努力を続けています。